復興公営住宅

福島県復興公営住宅入居者募集のお知らせ

福島県では、原子力災害により避難指示を受けている方(居住制限者)が入居できる復興公営住宅の募集を平成29年9月11日(月)から10月10日(火)まで実施しています。

入居を希望される方は、「福島県復興公営住宅入居者募集(9月定期募集)のお知らせ」をご覧いただき、申込書に必要事項を記載のうえ、お申し込みください。

福島県復興公営住宅の募集について

福島県では、原子力災害により避難指示を受けている方が入居できる復興公営住宅を4890戸整備します。

復興公営住宅への入居には申込みが必要です。

福島県復興公営住宅入居支援センターの開所について

原子力災害により避難指示を受けている方々が円滑に復興公営住宅へ入居できるよう、一括して募集から選定までの業務を集中的に行う「福島県復興公営住宅入居支援センター」が開所しました。

福島県復興公営住宅整備計画が見直されました

12月20日、原子力災害による被災市町村の住民意向調査の結果を受けて、福島県復興公営住宅整備計画が見直され、第二次福島県復興公営住宅整備計画が公表されました。

第一次整備計画では、約3,700戸を整備する予定でしたが、復興公営住宅の入居希望が原子力災害被災市町村全体を見ると増加したため、4,890戸を整備することとなりました。