避難生活

便利帳本文

町の人と交流したい

町民同士の交流の場について

いろいろな避難先で、大熊町民の交流の場があります。

参加したい方は、各コミュニティの代表者に直接連絡を取ってください。

補償・賠償について

賠償等の相談会について

賠償等に関わる相談会を随時開催しています。

開催日程や内容については、開催が決まりしだい、公式サイト等でお知らせしています。

東京電力の窓口

福島県内の東京電力株式会社による賠償相談窓口一覧

福島県内の東京電力株式会社による賠償相談窓口は次のとおりです。

福島県による原子力損害の賠償について(賠償支援)

原子力災害に対する損害賠償制度について、福島県がWebサイトに情報をまとめています。

原子力損害賠償制度の概要や県の対応、東京電力による原子力損害賠償の取り組みについて、また県による相談会の開催日程や東京電力による原子力損害賠償の取り組みについてなどの情報が掲載されています。

原子力損害賠償紛争解決センター(ADR)について

紛争解決センターは、原子力事故により被害を受けた方の原子力事業者に対する損害賠償請求について、円滑、迅速、かつ公正に紛争を解決することを目的として設置された、公的な紛争解決機関です。

原子力損害賠償紛争審査会について

原子力損害賠償紛争審査会とは、原子力損害の賠償に関する紛争について、文部科学省に臨時的に設置された機関です。

原子力損害の範囲の判定などに関する指針と、その他の当該紛争の当事者による自主的な解決に役立つ、一般的な指針を定めることを目的としています。

仮設住宅

応急仮設住宅が、会津若松市といわき市に設置されています。

緊急避難措置としての一時的提供となるため、家賃は無料です。

入居の応募資格

自らの資力では住宅を確保できない方で、以下の全ての項目に該当する世帯が対象です。

借上げ住宅

借上げ住宅は、民間賃貸住宅の家賃等を県が負担している住宅です。

避難先届について

町で避難先を把握するため、住所が変わるときは避難先変更届を提出してください。

また、結婚や出産により、新たに町民となられた方も、避難先変更届が必要です。

避難先変更届は、町が町民のみなさまの避難先を把握し、情報提供などに役立てるためのものです。

仮設住宅・借上げ住宅を退去するときは

避難先の変更に伴って入居している仮設住宅、借上げ住宅を退去する場合には、「仮設住宅等使用終了届」を提出してください。

「仮設住宅等使用終了届」は、会津若松出張所、いわき出張所、中通り連絡事務所の各窓口での受け付けのほか、郵送でも受け付けています。申請用紙は、窓口に備え付けてあるほか、公式サイトからもダウンロードできます。

町からのお知らせ

栃木おおくまの会(栃木県内)

栃木県内にお住まいの大熊町のみなさん、「栃木おおくまの会」では3月に総会を開催します。

栃木おおくまの会では、会員を随時募集しています。楽しい時間が過ごせますので、ぜひ会にご参加ください。

原子力損害賠償の無料相談会を開きます

原子力損害賠償・廃炉等支援機構では、弁護士による原子力損害賠償の無料相談会を実施しています。

機構の相談は、1回1時間・年度内(4月~翌年3月)6回まで無料です。

ご希望の方は事前予約をお願いします。また予約状況や荒天等により時間変更や中止となる場合がありますので、原子力損害賠償・廃炉等支援機構のホームページをご確認ください。

積小為大の会(茨城県内)

茨城県に避難している大熊町のみなさんへ、大熊町避難者コミュニティ「積小為大の会」では、ランチミーティング&真壁ひな祭り見学を開催します。

スイートめろん(茨城県南部)

茨城南部に集える大熊町民同士で定期的に交流しています。会員は随時募集中です!ぜひ、皆さんの参加をお待ちしています。

すまいるサロン(いわき市)

いわき市内に避難している皆さん!昼食を取りながらお話し会を開催します。町民であればどなたでもご参加いただけます。初めての方は、ご連絡いただければ幸いです。

古滝屋温泉日帰りお茶会(いわき市)

いわき市内にお住まいの町民の皆さん、温泉で一日お茶を飲みながらの交流会を毎月第3水曜に行っています。ご参加をお待ちしています。

おおくま町会津会(会津若松市)

借り上げ住宅自治会「おおくま町会津会」は借り上げ住宅に避難されている町民の皆さまのための交流会を毎月第1、第3水曜日に開催しています。お気軽にご参加ください。

東電の住居確保賠償「帰還先」が選択できるようになりました

東日本大震災当時、大熊町内の持ち家にお住まいだった方の住居確保にかかる賠償はこれまで「移住先住居の再取得費用の賠償」のみ請求が可能でしたが、このたび東京電力が、同賠償と「帰還先住居の建替え・修繕費用の賠償」のいずれかから選択できることになったと発表しました。

2月1日号の広報に東京電力のチラシ「移住を余儀なくされた区域における住居確保にかかる費用の賠償のお取扱いについて」を同封しますので、詳細をご確認ください。

次世代避難者支援補助金の申請はお済みですか?

町では東日本大震災以降(平成23年3月12日以降)に生まれたお子さんと、婚姻により転入された方に対し、次世代避難者支援補助金を交付しています。

対象者へは昨年10月23日に申請書を郵送しました。

申請受付は3月30日(金)までですので、申請書をお持ちの方は必要事項を記入後、必要書類(通帳見開きページの写し、戸籍謄本)を添えて同封の返信用封筒で住民課へ提出してください。

ページ